40年の重さとはの巻

| EDIT

先日25日に42歳に成ったわけです

落語を始めて今年で4年目

ですからアタクシの人生の内

わずか1割にしか成らない時間なんですな

また29日の日曜日はガンボウロックス月1企画

「モンティパイソンを観る」の番外編

「ラトルズを観ながらワイワイやる会」だったんですが

こちらはvol.7.5・・・つまり14回目ですから

まだ1年しか経ってないわけです



さて、ここからが本日の本題

4月21日の土曜日に道新ホールで開催された

「あがた森魚40周年記念ライブ」を観に行きました

・・・40年ですよ、40年

また出演メンバーが強烈でしてね

ギターは鈴木茂&白井良明のツインギター

ベースに鈴木博文、ヴァイオリンに武川雅寛

ピアノに矢野誠、スチールペダルが駒沢裕城

そしてドラムに坂田学

・・・至福の3時間でしたよ

あがた

そもそもアタクシがあがた森魚を知ったのは

高校生くらいの時ですから20年以上に成るんですが

それでも半分しか追っかけてないわけですからね



今回のあがた森魚40周年記念ライブを観て

感想と云うか感じたのは“軽やかさ”でした

40年続けてきたからこその“軽やかさ”なのか

“軽やかさ”を失わなかったからこその40年なのか

そんなことを考えながら

今年もまた日本少年を引っ張り出す季節が近づいてきました

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


↑