『文化』とは『タコ焼き』の様なものであるの巻

| EDIT

ヌ永井教授によると

“文化とはタコ焼きの様なものである”

この名言を残したのは

ジンギス・カーンから数えて69代目にあたる

ミカーミ・カーンだそうです



そんなわけで11月3日の文化の日は

アタクシのホームグラウンドでもあります

札幌LOG『文化の日』イベントに参戦しました

出演者は仮病虫垂炎の“長津宏文”を筆頭に

161の青いシメサバこと“御曼けゑ志”

煮え滾るぬるま湯こと“ヌルマユ永井”

札幌の男ミザリー(原作ストーカー・キング)“佐藤礼央”

ミノでもケンでもどっちでも“佐野和弘”

from苦虫噛潰対から“じゅんち”

そしてアタクシ南三条の赤い家計簿シャア・アブラニクと

文化の創造者と云うよりは

文化の破壊者が集まったカオスな夜でした



恒例のタコヤキ打ち上げが終了したのは27:30

つまり夜中の3時半ですよ・・・



アタクシは『紀州』をやったわけですが

ちょっとしたクスグリが閃くと云う収穫有り



・・・今朝は怠くて怠くて死にさうですけどね

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


↑